スポンサーリンク
南波

どうも、アラサーナンパ師の南波(@nanba_sp)です。

先日、Twitter企画をやってみて超面白かったので、

皆さんにご報告と感謝を申し上げたいと思います。

そして、参加してくれた方のご紹介やTwitter企画をする上で気づいたことなんかを書きます。

 

[box class="yellow_box" title="本記事の内容"]
  • Twitter企画をやってみたらどうなる?
  • Twitter企画って何が面白いの?
  • Twitter企画ってやる価値ある?
[/box]

 

あなたはTwitter企画をやってみたことがあるだろうか?

 

Twitter企画とは

Twitter上で自分なりの企画を考えて、お祭りを開催することだ。

(ちゃんとした定義は調べてないw)

 

ブログクラスタ仮想通貨クラスタなど、

他のTwitterクラスタは時々自分の企画で界隈を盛り上げようとする人がいる。

 

僕らナンパクラスタでも、

そうやってTwitterのタイムラインが賑わったら楽しいんじゃないのか?

と思い、前から興味があった。

 

そこで、僕もこんな企画をやってみた。


その結果、なんと67名の方に参加いただいたのだ!

 

南波
今回はそんなTwitter企画をやってみた感想と企画する際のコツを書きたいと思います!

もし、あなたがTwitter企画をするなら参考になれば嬉しいです!

 

スポンサーリンク

なぜナンパクラスタがTwitter企画をやってみたのか?

 

そもそも、なぜいきなりTwitter企画をやってみたのだろうか?

それは…

面白そうだったから!!

という至極単純な思考(笑)

 

その他にも

 
  • 日頃からお世話になっている人達を皆さんに紹介したい
  • まだ知らないクラスタ同士の交流のきっかけになったら嬉しい
  • 企画を通して、僕も「初めまして」の人に会えるかもしれない
  • 出来るなら、タイムラインを盛り上げて皆さんに娯楽を提供してみたい

こんな思惑や願望があった。

 

僕は自分のことをナンパクラスタだと思っているのだが、

僕の知るかぎりナンパクラスタでTwitter企画というものはあまり見かけない。

 

それ故に、

  • めっちゃ滑ったらどうしよ。
  • 誰も反応してくれなかったらどうしよ…。

なんてことが頭を過っていた。

 

だが、結局ストリートナンパをしている人にとっては、

女の子にガンシカされることに比べたら余裕ww

という思考が、あらゆることに対するハードルを下げるのだ。

 

街中で知らない女の子に話かけて、

ガンシカされたり罵声を浴びせられたりすることに比べると、

Twitter上でスルーされるのなんてかすり傷にもならないぜ。

と思った。

 

そして、

日頃からお世話になっている人達に少しでも恩返し出来たら良いな。

くらいの軽い気持ちだったのだ。

 

なので、

  • 参加者は10人くらいで良くても30人くらいかな
  • 参加者0人でスルーされたら勝手に紹介しよww

と画策していた(笑)

 

スポンサーリンク

色々な人がTwitter企画に参加してくれて超面白かった!

 

実際、Twittet企画をやってみると67人もの方が参加してくれた

 

南波

まさか、こんなにも参加して下さるとは…

ありがとうございます!

 

 

参加人数も想定の遥か上であったが、

参加者の面子も想定外であった。

 
  • フォロワー1000人overの方が何人も参加してくれた
  • はじめまして」の方も参加してくれた
  • 他クラスタ、裏垢の方も参加してくれた

こんな感じで、僕の想定していなかったアカウントの方も参加してくれたのだ。

 

もちろん、僕が常日頃からお世話になってる方達も参加してくれた。

 

全員はご紹介出来ないが、以下にちょっとだけ参加者の方をご紹介したい

 

いつもお世話になっている方達

ドグマさん

僕のフォロワーさんが300人くらいの時からフォローしていただいて、コメントを下さる方だ。

今回もソッコー参加してくれた。

 

ショーンさん

個人的にも付き合いのあるショーンさんも参加してくれた!

 

Kyoさん

先日お会いして、ストリートナンパのノウハウを色々と教えてくれた方も!

 

進撃の小人さん

いつもファボやコメントくれる方は今回も参加してくれた!

 

なっち さん

凄腕&大手アカウントさんなのに、いつも僕のツイートとか見てくれてファボくれる方!

今回も参加ありがとうございます!

 

各界隈の著名人の方達

 

ウラケンさん

今回の企画ではじめて絡ませていただいた。

ネトナン界の著名人だ…まさか参加して下さるとは。

 

 

性戯の味方@ヤッターマンさん

ナンパ界隈のレジェンドまで…。

参加していただいた時は超ビビッたw

まさかヤッターマンさんにまでリーチするは…!(笑)

 

中年ファイターさん

ストナン界隈で知らない人はいないくらい有名な方も参加してくれた。

僕が宣伝する必要なんてないんだが、企画を盛り上げるためにRTしてくれたんだと思う。

こういうことするところがイケメンなんだよな…。

参考にしよw

 

他にも

など、著名人の方が続々参加して下さいました!

 

はじめましての方達

この企画を通して知り合えた方達もいる!

企画やってみて良かった!

 

まぁるさん

はじめましてからの無茶振りして来た人。

おもろいww

とのご希望だったので、

貶すのムズいわw

 

けい さん

前から気になってたけど、泡沫アカウントゆえに絡むの躊躇してた方w

はじめましてからの参加ありがとうございます!

 

裏垢の方

想定していなかった裏垢の方も参加してくれた!

これも嬉かった、普段交流のない界隈からも参加していただけるとは、企画者冥利に尽きるというもの!

 

華さん

 

こんな感じで、僕の想定外の方達にも参加していただき、超面白かった!

 

南波

スペースの関係上やむなく割愛させていただいた方達もまだまだいらっしゃいます!

皆様参加ありがとうございます!

 

 

Twitter企画が成功した理由は参加ハードルを下げたから!?

 

個人的には700人程度のアカウントが開催した企画に、

67人も参加してくれたのであれば大成功だと思う。

 

では、なぜこの企画は成功することが出来たのか?

考えてみた。

 

参加ハードルを下げたから

 

最大の要因はこれだとおもう。

参加条件をフォロー、未フォロー問わずにした。

もちろん、フォローしてもらえれば嬉しいが、

フォローしないと宣伝しませんよ」とすると義務感が発生するので参加意欲は下がると思う。

(無理やりフォローしてもらっても意味ないし)

 

また、RT&コメントなどではなく、

RTかコメントかどっちでも良いよ!

としたことも気軽に参加してもらえた一因ではないだろうか。

 

ファボも参加条件に含めるか迷ったのだが、

ファボまで入れると、追いきれなくなり抜けが生じてしまう恐れがあったので、

今回は除外したのだが、正解だった。

 

実際、コメントとRTだけでも結構大変だったし、

引用RTRT欄には表示されないので、通知から遡るしかなく、

紹介漏れしてしまいそうになった。

 

企画側として管理が一番楽なのは

RTのみ」かもしれない。

 

フォロワーさんの需要と僕の供給がマッチしたこと

 

僕もはじめてのTwitter企画なので、

何をすれば喜んでもらえるのかわからなかった。

 

そこで、事前にアンケートをしてみたのだ。

 

ナンパクラスタはTwitterのフォロワー数を気にする人は少ないように思う。

「自分と周りが楽しめればそれで良いや!」と思っている人が多い感覚だ。

 

しかし、中には一定数フォロワーを増やしたいと思っている人や

フォロワーさんが多いとTwitter楽しいなと思っている人もいる。

このような人達に価値を提供できたのが今回の企画であったと思う。

 

僕は一応、自分のことをブロガーだと思っているので、

ブログに関する企画もアリかな?と思った。

 

しかし、フォロワーさんおよびナンパクラスタには、

ブログを書いている人はまだまだ少なく、

アンケート結果も悪かったので、

今回はTwitterアカウントのみで楽しめる企画にしてみた。

 

南波
なにより自分が楽しかったので、皆さんにも楽しんでいただけたのかも!

 

まとめ

 

以上が、僕がTwitter企画をやってみて感じたことだ。

 

この企画を通して、沢山のことを学べたし、沢山の人達と触れ合えた。

企画に参加していただき、RTで拡散してくれた方達には本当に感謝を申し上げたい。

 

  • 応援してくれる方、
  • 企画を楽しんでくれる方、
  • 盛り上げようとしてくれる方、
  • 利用するだけして去ってゆく方
  • 紹介しても何のリアクションも無い方

 

色々な方に出会った。

 

楽しい思いも、悲しい思いもしたけど、

この企画で色々な人達と出会い、別れ、

とても楽しかったし、本当にやって良かった!

 

そして、企画後にはこんなコメントも


お褒めにあずかり、なんと光栄なことだろう。

 

また、一人でも「この企画に参加してみて良かった

と思える方がいて下されば、僕はそれで満足だ。

 

Twitter企画はこんなにも楽しい。

あなたもTwitter企画をしてみては?

 

では、今回はここまで!

また次回お会いしよう!!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事