【ストナン体験談】 逆3ナンパで声かけして巨乳スペイン人を即!  

【ストリートナンパ体験談】逆3ナンパで巨乳スペイン人即

 

南波

どうも、アラサーナンパ師の南波(@nanba_sp)です。

この記事では2人組みの外国人美女に逆3声かけをして、

家に連れて帰って即った体験談を語ります!

 

逆3声かけが出来るようになると、一気に声かけの対象が広がりますよね!

 

本記事の内容
  • クラブで泥酔坊主からのGT即
  • 逆3声かけの内容を公開!
  • 逆3でも即るコツは気にしないこと!?

 

あなたはストリートナンパで逆3声かけをしたことがあるだろうか?

 

逆3:女の子2人に対してナンパ師が一人で声をかけること

 

逆3で声をかけることはストリートナンパ師にとって大きなハードルである。

 

女の子が1人の時ですら地蔵してしまうのに、

2人組みの女の子に声をかけることはかなりの勇気がいることだろう。

 

だが、僕は2人組みの外国人美女に声をかけ、

カラオケに行ってDキスをして、

自宅に搬送し、

片方の女の子が寝ている横で、

巨乳スペイン人といやらしいことをしたことがある。

 

そんな楽しいイベントが発生するのがストリートナンパ。

 

この記事では、そんな素敵体験をした時の話をしたい。

あなたのストリートナンパ活動へのモチベーションが上がり、

逆3声かけの参考になれば幸いだ。

 

南波
この時はまずクラブナンパをしたんですが、あんな事になるとは思いませんでした…

 

ナンパクラスタとクラブナンパ!

クラブナンパで箱イン

 

この日は当初、クラブナンパをする予定であった。

 

しかし、僕はクラブナンパが嫌いだ。

  • うるさいし
  • タバコ臭いし
  • トーク出来ないし
  • なにより眠たい

ロングスリーパーの南波は

夜更かしすると体調が悪くなるというお子様体質なため、

0時を過ぎてからピークを迎えるクラブナンパが嫌いである。

 

ある程度声かけしたら帰りたくなるのであるw

 

だが、ナンパクラスタとしてそれはいかがなものか?

と思い、某クラブナンパ師に合流を打診した。

 

南波
箱でナンパしたいから付き合って!

ナンパ師A
いいっすよ!!

 

彼は僕がナンパクラスタとして、

twitterを始めた頃から合流させてもらっているナンパ仲間である。

ナンパ師Aとしておこう。

 

この日は平日の仕事終わり。

ってか、月曜日である。

 

週の頭からナンパへ出かけるくらい狂ってるのがナンパクラスタなのだw

(←褒めてる)

 

22時を過ぎた頃、ナンパ師A君と合流。

居酒屋でKPしながら、近況報告やナンパの話などをして楽しく飲んだ。

その後は箱(クラブ)へいざ参らん。

時刻は24時を回っていた。なんならもう眠い。

 

箱に入ろうとしたところで、

別の某鍵垢ナンパクラスタとも会う。

ナンパ師B君にさせてもらう。

 

なんやかんやで地方の箱は小さいので、行けばクラスタに出会うことになる。

 

箱に入ってからはバラけてソロで声かけすることに。

まずはレッドブルウォッカを飲みつつ、テキトーに踊ってテンション上げる。

まぁ、踊り下手だけどw

 

箱に入ってから、先程のナンパ師B君が女の子と逆3で和んでいる。

南波
もう早逆3でなごむとか、凄腕やん…

と思いながら眺めていると、

この子らパスするんで!」とナンパ師B君が耳打ちしてくれ、即席コンビの状態に。

 

クラブ内でちょいなごみ

 

ちょいと落ち着いてトークするために、

人混みを避けてやや人が少ないところへ移動。

 

なごみの最中、

女の子2人は早々に「お酒奢って!」と言い放つ。

まぁ、奢り目的だ。

 

しかし、ナンパ師B君は怯まずにこう言い放つ「俺、そういう女大っ嫌いだから絶対奢らないよ

 

南波
か、かっけぇぇ!

 

女の子二人もあまりにも堂々と断られたので面食らっている。

そりゃそうだろう、彼女達はこうやって多くの男から酒を奢ってもらってきたのだ。

 

B君はたかり女達をおいて、さっさと次のターゲットへと移動した。

B君担当子もふらっとどこかへいなくなり、

そこには南波担当子と僕だけが残ることになった。

 

僕は残った女の子と引き続きお話。

 

ねぇ、奢ってくれないの?
南波

(こいつまだ言ってんのかよ…)あーね?俺も奢ったりとかはしないからさ、別の男に奢ってもらってきな!w

えー、わかったw

 

どこまでもたかってこようとする女の子をテキトーにあしらいながら、会話。

酒欲しそうにしていたので、放流する前にキスして送り出す。

 

この子はこの後、本当に他の男に奢ってもらって嬉しそうにしていた。

途中、何度も見かけては奢らせた男から引き離してキスをして戻し、

パイタッチをしては放流した。

 

LINEをゲットして、クラブが終了したら合流する約束をしていたのだが、結局即れなかったのでこの子については割愛。

アモッグしてキスするのは楽しいとだけ言っておきたいw

 

担当子を放流した後、何声かけかしてクラナンを楽しんでいたのだが、なんとも渋い。

連れ出しには至らず、ぶらぶらしていると、これまた顔見知りのナンパ師C君に出会う。

 

南波さぁぁぁん!久しぶりじゃないっすかーー!

陽キャ天然年下系ナンパ師の彼は気さくに僕に話かける。

 

こいつは今日も坊主報上げそうな勢いで可愛いなと思いながら、しばらく皆でわちゃわちゃした。

 

時間は深夜の2時を回っていたが、

平日の夜ということもあってどうも皆芳しくない。

 

ナンパ師A君の提案で、箱を変えることにした。

 

別クラブへ移動してナンパ作戦

 

A君、C君、南波で別のクラブへ移動してナンパする流れになった。

しかし、週の初めだ。

 

明日も朝から普通に仕事だし、そろそろ帰らないとやばいだろ!!

とセーフティーマインドがかかっていた。

 

だが、陽キャC君は言う、

「南波さん、次行きますもんね?」

南波
お、おう…

「行くよね?明日仕事休みだもんね?」

南波
いやいや、明日普通に仕事…

「休みだよね?」

南波
あー、うん。休みだねwww

「wwwよっしゃーw行きましょwww」

 

もう、どうにでもなれである。

たまにはオールでナンパしてやろうじゃないの。

 

しかし、これが仇となって、南波を危機に落とし入れるのであった。

 

クラブでシャンパン飲んで泥酔

 

 

クラブ内でシャンパンを持っていると、

箱内でヒエラルキーが上がり、女の子の食いつきが上がる!

のだそうだ。

 

A君、C君はシャンパンを買って、盛大に飲んでいる。

僕はそろそろ限界だから、もうお酒は勘弁して欲しい…。

と思っていたのだが、天然陽キャはそれを許さない。

 

C君「南波さぁぁぁん!はい、飲んで飲んで!」

南波
いや、待て、俺はもういら…

C君「はい!はい!!はいはい!!!」

南波
いただきま…○☓▲□!!

 

無理やりシャンパンの瓶を口に突っ込まれて口からこぼれるシャンパン。

こんな感じで3人で2本程シャンパンを開ける。

 

もう、僕は眠気と酔いで限界に近い。

なんか頭がぼーっとしてきて、頭痛がする。

 

南波
や、ヤバイぞこれ!

 

フラフラになりながら、端に設置してある椅子になんとか座る。

めっちゃ酔ってしまった。気分悪い。

 

…。

……。

 

クラブナンパで泥酔したナンパ師

ちーん。

 

気がつくと僕は意識を失っていた。

 

そして、目覚めた時にはもう誰もいなくなっていた。

 

あいつら、置いて行きやがったww

 

時刻はもう4時になろうとしていた。

箱内の熱も冷めてきて、もうクラブ即は絶望的な状態。

ナンパクラスタにも見捨てられ、コンビ声かけもままならない。

 

漂う、坊主の予感…。

 

しかし、ここで負けるわけにはいかん!

これでは騒いで酔って終わりではないか。

 

ここで、起死回生の一発を決めるため、

クラブを出てストリートナンパにかけることにした。

 

ストナンGTで逆3声かけして宅搬送からの即!

 

クラブを出て、ストナンのゴールデンタイムと言われる時間で声かけすることにした。

 

スペイン人2人組に声かけしてカラオケ連れ出し

 

クラブを出ると、外は明るくなりかけていた。

街はゴールデンタイムすら過ぎてしまったのか、人がほとんどいない。

(ってか、田舎にゴールデンタイムなんてないw)

 

これはもはや坊主確定…!?

と思いながら、家までの帰り道をとぼとぼと歩いていると、

向こうから目鼻立ちのくっきりした外人のお姉さん2人組が歩いてくる。

*こんなに美人ではない

 

一人は170cmくらいの高身長スレンダー子(スレ子)。

もう一人は160cmくらいのぽちゃ巨乳(巨乳子)。

 

スレンダー子はスト値5、

巨乳子がスト値4くらいか?

 

すれ違う時に巨乳子と目が合う、

しかし、相手は外国人かつ二人組。

 

英語で逆3トークをしなくてはいけない。

誰もが一瞬日和ってしまうと思う。

 

しかし、巨乳子はかなりの大きさだ。

推定Gカップ。

 

突然提示される、G級クエスト。

「モンハン G級」の画像検索結果

G級ハンターになるべく、ここは一狩り行くしか無い。

 

勇気を出して振り返る…

また目が合う。巨乳子がこちらを見ている…!

運良く信号待ちをしているではないか。

 

ここで、すぐには寄っていかず、手を降ってみる。向こうも手を振り返してきた。

 

だが、まだ喜ばない、媚びない。

 

もうひと押しするために、

今度は手招きしてみる。

 

また、向こうが真似して手招きをし返してくる。

 

今度は仕方ないので二人の元へ向かった。

 

 

以下、南波巨乳子

Hi! How are you doing?

Fine! And you ?

I’m very fine. Couldn’t be better

good! 🙂

 

Ah, Are you traveler?

No, We live in ○○

Really? What is your job

We are musician

Wow are you singer? or play the guitar…piano…

We play 〇〇

 

中略

 

Then, where are you going?

We go to karaoke

OK! then, I will go to karaoke with you.

Really?(笑)

Yeah, of course!!!!!

 

こんな感じの英語で話かける。

英語に堪能な方が読めば、文法的にめちゃくちゃだったりするのがわかると思うが、そんな細かいことは気にしない!

相手に意志が伝わればいいのだ!!

 

話かけ、立ち止めに成功し、これからカラオケに行くというので、これ幸いとカラオケ連れ出しすることにした。

 

立ち止めして得た情報は以下

女の子達の状況
  • 旅行者ではなく地元民
  • 旅館で楽器演奏の仕事をしている
  • 街から車で1時間くらいのところに住んでる
  • これからカラオケに行こうとしている
  • ビニール袋の中にビールを持参

 

話を聞く限り、今日はオールするつもり満々。

食いつき度合いも感じる。

 

もしかしたら、逆3Pも夢じゃない!?

と期待に胸と下半身を膨らませてカラオケについて行った。

 

南波
まさか、この後あんなエロいイベントが発生するだなんて…

 

カラオケでDキス&パイタッチ!

 

外国人女性2人と僕の3人でカラオケに入る。

店員さんの奇妙な顔は今も忘れない(笑)

 

彼女達はカラオケ内で持参したビールを飲むつもりだったらしい。

だが、残念ながらワンオーダー制。

入室して酒を頼む。

 

L字型の席に座り、トークする隙を伺う。

カラオケBox内の座り順

逆3カラオケ連れ出し

自然と食いつきの高そうな巨乳子の横に座る形となった。

さぁ、どうトークしようか、と思案していたら…

 

ミュージックスタート!

 

すかさず曲入れる女の子2人w

歌う気満々だ(笑)

 

しかし、さすがミュージシャン。

めっちゃ上手い。

声量もさることながら、テンポも音程も外さない。

さらに、陽キャのノリでめちゃめちゃ盛り上げるw

 

そして、ついに僕の番がやってきた。

ここでビシっと決まれば食いつきも上がるな。

逆にヒドイ歌声を披露すれば食いつきもダダ下がりになるだろう。

 

そこで、僕が選んだ曲は

→【Backstreet Boys – Incomplete 】

 

さすがに洋ロックで食いつき上げる練習はしてなかった。

ギリギリ知名度があって、知ってそうな曲を歌う。

 

その結果……

 

 

 

フゥゥゥ!!!!

 

なんかめっちゃ盛り上げてくれるw

 

失恋ソングなのにw

どうやら刺さったようだ。

 

一曲歌い上げ、

とりあえず、食いつきが暴落する事態は間逃れた。

 

さて、ここからどうトークしてギラつこうかと思っていると、

スレンダー子の方がトイレに立つ。

 

これはチャンス。

 

いや、むしろ気を使って外してくれたのだろうか?

 

横を向いて、おもむろに巨乳子に近づく。

巨乳子も近づいてきた。

 

気が付くと二人の唇は重なり、

舌も絡みあって、エロエロな状態になっている。

カラオケでDキス

 

そして、自然と僕の手は張りのある胸とふとももへ伸びる。

すると、なんと巨乳子の手は僕の膨らんだ息子へと伸びてくるではないか

 

南波
ぐ、エロエロやんけぇ!!

 

ガウパー液を滲ませながらも、

スレンダー子が帰ってくるまでにイチャイチャをなんとか止める。

 

興奮冷めやまぬ中、南波は思考する。

南波
(巨乳子は仕上がっている。これはもう即確だろう。あとは友達グダをどう崩すか。なんならスレ子の食いつきも上げて3Pへ持ち込もう。)

 

程なくして、スレ子がトイレから帰ってくる。

ここからまた何曲か歌い、今度は巨乳子がトイレへ。

 

僕はスレ子の横へ移動する。

すかさずギラついて、キスしようと試みるが、距離を取られてしまう。

なんとか頬にキスすることは出来たが、それ以上はグダのようだ。

 

声かけの時からなんとなくわかってはいたが、

スレ子からの食付きはない。

 

ここは欲張らずに巨乳子だけでも即る戦法へ切り替える。

3Pは諦めて巨乳子即を狙うことにした。

 

1時間半程でカラオケの時間が終了。

 

退店の前に宅搬送を打診。

 

You want to come to my house, don’t you?

Yeah, maybe. I will

 

なんとも歯切れの悪い反応である。

やはり、友達グダか?

 

友達の手前、ナンパ野郎に付いて行くのをグダるのは万国共通なのか。

 

意を決して、歯切れが悪い原因を丁寧にヒアリングすると、

どうやら今夜の宿がないらしい。

 

宿がないため、カラオケでオールを決行し、酒が抜けたところで車で自宅へ帰るところだったようだ。

 

それならばと、友達も南波邸へ来ることを提案。

これならどうだ?

 

…。

 

……。

 

Really? You’re kind men

 

なんか褒められたw

 

友達の宿の心配をしていただけらしい。

友達も泊めてあげることを約束すると、親切な男扱いされた!

南波
僕はあなたとセックスがしたいだけなんですけど(笑)

 

若干の罪悪感を感じながらも、

これは三方良しの提案だと思いこむ。

  • スレ子→宿ゲット!
  • 巨乳子→友達に気兼ねなくセックス!
  • 僕→スペイン人即!

 

完璧な作戦だ!!

 

意気揚々とタクシーを拾って搬送する

 

友達が寝ている横で堂々とセックス

 

無事にタクシーで自宅への搬送を成功させた。

 

さっさとスレ子の寝床を用意し、巨乳を味わうために、神の速さで布団を引いてあげる僕。

またしても感謝される。

 

大丈夫。

僕は巨乳を味わいたいだけなんだ。

 

ベッドの横の布団の中にスレ子を寝かせ、

電気を消し、僕と巨乳子はベッドへ潜り込む。

 

この時、既に二人は下着でベッドインし、やる気満々である。

 

ベッドに入るなり、遠慮なくDキスする二人。

そこにはもう言葉などいらないのだ。

 

お互いの体を貪るようにキスし、触り、下着を脱がせる。

 

下着を外すと豊満なバストが現れた。

わかってはいたけど、デカイ。

 

やはりG級クエストであったか。

 

豊満な胸を味わい、こっそり枕元に置いておいたゴムを装着し、さっさと挿れてしまう。

 

前戯が不十分だったとは思うが、もう巨乳子も挿れて欲しそうだったし、僕ももう限界だった。

即までの道のりは長かった。

 

今日一日のことを思い出しながら、

やっと漕ぎ着けた即に満足感を覚える。

 

むちむち特有の肉厚で息子が締め付けられる。

ヤバイ、最高に気持ちが良い。

 

そして、さすがスペイン人、セックスが激しい。

正常位なのに下でめちゃ動く巨乳子。

 

Oh! Yeahh!!」とめっちゃ感じている。

 

いや、隣の布団で友達寝てるよ?

布団に入ってすぐだから絶対寝てないよ?

 

友達に聞かれようが快感を貪欲に貪る巨乳子。

 

 

クリも触りながら自ら動くって、これ洋モノのAVで観たことあるやつやん。

めっっちゃエロいよ。

最高だと。

 

とか考えていたら…

 

 

 

 

イッてしまった。

 

自称遅漏のナンパ師南波だが、5分で発射してしまったのである。

 

眠気と酔いで体力の限界を迎えていたため、全然制御出来なかった。

そして、シチュエーションがシコ過ぎる。

こんなの我慢できないww

 

 

巨乳子に「オーマイガーッ!」と言われ、大変申し訳ない気持ちになりながら寝ようとする。

もう僕は限界だよ、色々あったもの。。

 

すると、隣では巨乳子がオナニーを始めたw

全然足りなかったらしい。ほんとごめん(笑)

 

どこまでの性欲の強い巨乳子だった。

 

【ストナン】逆3ナンパの感想

 

こうして、人生初の外国人逆3ナンパ即を終えた僕。

 

逆3だろうが、外国人だろが、声をかけるまでわからないのがストリートナンパなのだ。

気にせず、堂々と声をかけると良いことが待っているかもしれない。

 

外国人2人組に声をかける日本人はかなりレアだと思う。

2人組でもなかなかいないだろうし、まして一人で突撃するやつなんていない。

 

その時点で他の男と差別化になっている。

 

 

欲求不満の巨乳スペイン人が歩いているのがストリートだ。

声をかけないともったいない。

 

ただし、早々にイッてはいけない。

僕は翌朝巨乳子にめっちゃ冷たく扱われたw

 

声をかけたなら満足させてあげよう(笑)

 

では、今回はここまで!

また次回お会いしよう!!

 

南波
こんな記事も読まれています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です