スポンサーリンク

南波

どうも、南波(@nanba_sp)です。

今回はtky@ネトナン記録さんの遭遇した恐怖体験を皆さんにシェアしたいと思います。

マッチングアプリで出会った女の子と直接ホテルなどに行っている人は要注意です‥!

 

 

本記事の内容
  • tkyさんの恐怖体験をシェア
  • 直ホに潜む危険を改めて考える
  • リスクを最小限にするためには

    先日、こんな呟きを目にした。

     

    未成年と関係を持った疑いで警察に連行されてしまったとのこと‥。

    tkyさん、お疲れ様でした。

     

    ナンパをしていれば避けられないリスクかもしれないが、

    このような辛い思いをしないくて済むならその方が良い。

     

    いつ自分の身に起こるかもわからないので、

    明日は我が身だと思ってtkyさんのお話を聞いてみよう。

     

    スポンサーリンク

    Tinder直ホでウハウハなはずが‥

    Tinder 直ホでウハウハ

     

    まずは、今回災難に見舞われたtkyさんのご紹介

    tkyさんとは?
    • 2018年11月からネトナンスタート
    • 目標100即(現在総即数33人)
    • 月最高10即達成
    • 池袋在住

    アラフォーバツイチオタク風俗狂が始めるネトナン生活 with/tinder

    見た目が20代後半に見られることのみが唯一の強みのオッサン

    (twitterプロフより引用)

       

      南波

      アラフォーにしてネトナン活動されている人生の先輩。

      元気で素晴らしいです!

      自分もこうでありたい。

       

       

      そんな経験も豊富なtkyさんだが、

      Tinderでマッチした女の子と直ホテルのアポを組んだところ、

      今回の事件に遭遇したようだ。。

       

      以下にtkyさんのお話をまとめる。

      今日の話なのですが、

      Tinderで21歳の子と直ホが決まり、

      そのままHしたあとにホテル街をしばらく歩いていると、

      警察に職質され、その女の子が17歳ということがわかり取り調べの為に連行されてしまうことがありました。

       

      幸い、

      • こちらはアプリの年齢しか知らなかったこと
      • アプリやLINEの履歴にも本当の年齢が書かれていないこと
      • 直接女の子が本当の年齢を言っていないこと

      がわかり、

      3時間程度の拘留?と親への電話で開放されました。

       

      ホテル側が報告したのか、

      たまたま巡回中だったのかわからないけど、

      しんどい思いをしました。

       

      中学生くらいならさすがにわかるけど、

      17歳は僕の実力では実年齢予測できないわ。

       

      警察の話だと、

      もし女の子が実年齢を言ってたって虚偽の発言してたらそれだけでアウトみたいでした。

       

      "直ホ危険だから止めよう"とは思ったけど、

      引退したいとは思わないとこまだまだメンタルやられてない!

      と褒めてあげたい

      以上、Tweetより引用。

       

      今回の件から僕達が学び得ることを考えてみた。

       

      スポンサーリンク

      ネトナン直ホを組む時は細心の注意を

      ネトナン直ホは細心の注意を

       

      ネトナン直ホでは、

      相手のバックグラウンドが良くわからないままアポを組むことになる。

       

      アポって女の子とコミュニケーションを取ってみると、

      仕事の話や恋愛の話からなんとなく女の子のバックグラウンドもわかる。

       

      その過程で「あれ?」と思うことも出てくるだろう。

       

      まぁ、未成年と酒飲んだらそれはそれでダメだけど、

      即職質連行は避けられるかもしれない。

       

      また、今回は未成年との事件であったが、

      直ホする際は「美人局」にも気をつけなければらない。

       

      僕もTinderで直ホしようとして、「美人局」っぽい外国人とアポりそうになったことがある

      →【Tinderでマッチした「サクラより怖い」タイ人女の話

       

      ホテルに行ったら、いかついお兄さんが出てきて、

      金を請求される‥なんて可能性も0ではない。

       

      これらの直ホのデメリットは以前記事で書いた

      →【ネトナン直ホはするな

       

      直ホは楽しいが、危険もはらんでいることだけは認識しなければならない。

       

      南波
      ナンパをしている限りリスクは避けられませんが、直ホって結構危険です。

       

      どうすれば未成年との遭遇を防げるのか?

       

      18歳未満の女の子と関係を持ってしまわないようにするためには、どのような対策が必要なのだろうか?

       

      それを考える上で、

      まずは今回、なぜこのように職質を受けるような状況になってしまったのだろうか?

       

      drillkeysさんの質問とともに、tkyさんの考察を引用したい。

       

       

      お話によると、警察に待ち構えられていたように思う。

       

      ホテル側に通報された可能性も高いが、

      ホテルの受付は有人式のカウンターだったんだろうか?

       

      また、都内ではこういった事案も増えてきて、警察が警戒しているとの情報もあるらしい。

       

      今回のケースでは女の子に悪意があったようには思えないが、

      女の子にハメられる可能性も0ではない。

       

      特にTinderのように年齢確認がゆるいアプリだと、

      普通に高校生がアプリを使用していたりする。

       

      今回のような事件を防ぐために僕思う対処法を考えてみた

      • 年齢承認制のアプリを使う
      • アポってからホテル搬送する
      • 電話移行して相手のバックグラウンドを探る
      • 怪しいと思ったら身分証明書の提示をお願いする

      こんなところだろうか?

       

      これらの対策を講じても、

      別人の身分証を使えば年齢承認アプリもすり抜けるし、

      居酒屋でアポった時点でアウトだし、

      相手に悪意があれば嘘を付ける‥。

       

      いずれにしても、

      ナンパをやっていれば絶対に避けては通れないリスクだ。

       

      僕達に出来ることは、

      こういうケースがあった事を頭の片隅において、

      あれ?なんかおかしいな?」と思ったら、その時の感情に身を任せないで冷静になることだと思うな。

       

      ストリートナンパ師のなっち(@absnatti )さんは

      ストナンをしている時に美人局の被害に遭ったことがあるらしい。

       

      また、先日も寸前のところで,

      未成年の可能性のある怪しい子とホテルに入らずに済んだ様子。

      さすが、なっちさん。

       

      まぁ、アポ中はアドレナリンドバドバだから難しいと思うけど、

      常にリスク管理の意識を持ってナンパ活動に励みたい。

       

      安全なマッチングアプリ withを使おう

       

      そして、この事件をきっかけに思ったのは、

      やはり運営がしっかりしているアプリの方が良いということ。

       

      withで未成年者に出会ったことはない。

      これからマッチングアプリで出会いたいと思っている人にはwithをオススメする。

       

      このブログではwithの攻略法や体験談を公開している。

      →【 with 完全攻略:使い方から必勝戦略までナンパ師が徹底解説!

      →【withで出会った女の子まとめ

       

      アプリをやり慣れていないあなたはwithで安全に出会いを探してはいかがだろうか?

       

       

      では、今回はここまで!

      また次回お会いしよう!!

       

         

        もっとネトナンで成果を上げたい方には

        ブログで語れないネトナンノウハウをnoteで公開

        ネトナンで即りたいけど即れない人に贈る最後の指南書

        スポンサーリンク

        Twitterでフォローしよう

        おすすめの記事