南波

どうも、アラサーナンパ師の南波(@nanba_sp)です。

この記事では恋愛工学で提唱されているACSモデルについて解説します。

このACSモデルモデルを理解すると、女の子との距離感を掴みやすくなります!

必ず覚えて、明日からの恋愛戦略に組み込みましょう!

 

 

あなたは「恋愛工学」を知っているだろうか?

 

恋愛工学とは藤沢数希氏が提唱した恋愛理論で

科学や金融工学の知見をもとに提唱する男性向け恋愛ノウハウである。

 

この恋愛工学で提唱されている「ACSモデル」は

女の子をゲットする上で極めて重要な概念であり、

これを熟知しなければ女の子と楽しい関係は築けない。

 

そこで、今回はナンパ界隈では有名なACSモデルについて解説する。

ACSモデルを知っているだけで、即ゲットを達成できる確率が格段に上がる

正に、ナンパには必須の概念だと言えるだろう。

 

 

女の子と即日セッ◯スしたいのであれば、覚えておいて損はないですよ!

 

ナンパで即ゲット率を上げるACSモデルとは?

 

ACSモデルは藤沢数希先生の著書、

ぼくは愛を照明しようと思う。」にて解説されている。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぼくは愛を証明しようと思う。【電子書籍】[ 藤沢数希 ]
価格:496円 (2018/12/21時点)

楽天で購入

 

 

この本は非モテである主人公が「恋愛工学」というテクニックに出会い、

モテ人生を謳歌する様が描かれている。

 

本書は数々の恋愛テクニックが詳細に解説されている。

小説ではあるが、恋愛工学のノウハウを集めた解説書のようになっている。

 

この世界観はナンパ未経験の方にとって、

完全なるフィクションの世界だと思われるかもしれない内容だが、現実に起きているようなことばかりだ。

 

ナンパ界隈で活動している人にとっては

うんうん、あるある

なんて頷いてしまうこともあるかもしれない。

 

また、この本は非モテ脱却の足掛かりとして、

ナンパ入門としてはこの上なくコスパが良い1冊だ。

 

ASCモデルについてさらに詳しく知りたい方は本書を読んでみて欲しい。

 

ACSモデルの概略

 

ACSモデルは自分と女の子との関係が、

今どこにいるのかを適切に把握するため」に用いると解説されている。

 

どういうことだろうか?

「ぼく愛」の本文の中から一部抜粋しながら解説したい。

 

ACSモデルは

A) Attraction:魅了
C) Comfort-Building:信頼関係構築
S) Seduction:性的誘惑

の3つのフェーズからなる。

それぞれのフェーズについて解説する。

 

Aフェーズ

ACSモデルの最初の段階がAフェーズだ。

女の子を自分の魅力で惹きつけ、また会いたいと思わせる

褒め過ぎたり、ディスりすぎたりせずに適切に女の子との距離感を保ち、自分の価値を伝える

 

Cフェーズ

次にCフェーズに入る。

このフェーズは「なごみ」と言われる行動で、心地良い信頼関係を築く

連絡先を交換する前後から始まり、アポでさらに深くなごむことを目標とする。

 

Sフェーズ

最後にSフェーズに移っていく。

Cフェーズでラポールが形成出来た後、

女の子からの脈ありサインを確認しながら、

情熱的に好意、愛情、抱きたいという気持ちを伝える

 

この3つのフェーズを順番にクリアすることで、

僕達はやっと女の子と楽しい時間を過ごせるわけだ。

 

今、自分と女の子との関係性、距離感はどの程度なのか?

を意識しながら接する。

これを覚えておくだけで、ゲット率は格段に向上する。

 

ACSモデルの注意点は?

 

 

このACSモデルを意識する時にも注意点がある。

 

順番にクリアすることで、

僕達はやっと女の子と楽しい時間を過ごせるわけだ。」

と書いたのにも理由があり、

「ぼく愛」の中ではこう解説されている

 

Aフェーズで大切なことは女を魅了することだ。魅了出来た時点でAフェーズはクリアとなる

連絡先の交換やアポ取りの成功などの形式的なことより、本当に魅了出来ているかどうかが重要なんだ。

Aフェーズを経ずにCフェーズを始めてしまえば、ただの友達になってしまい、男としてみられなくなる。

必ずAフェーズから始める必要がある

 

そう、Aフェーズを経ずにCフェーズへ入ると恐怖の友達フォルダ行きになる。

あなたにもこんな経験があったはずだ。

 

女の子に「○○君って、いい人だね!

とか言われて舞い上がる

(本当の意味は利用するのに都合の良い人って意味)

 

好きな気持ちを伝えようとして褒め過ぎてなめられてしまい、男として見られない

(女の子に「こいつ私にベタ惚れじゃん、犬みたいだな」って思われる)

 

だが、しかしである。

このACSモデルを意識して行動すれば、そんな扱いを受けずに済む。

ゲット出来るか否かの判断も可能になり、即を取りこぼすこともなくなる。

 

そして、A→Cへのジャンプは起こりえないことも付け加えられている。

 

女性がワンナイトを望んでいる場合を除いて、

きちんとCフェーズをクリアしてから、Sフェーズへ移行しなければゲットは出来ない。

 

なごんでもいないのに、Sフェーズに以降しようとすればがっついた印象になり、女の子からの食いつきは下がるだろう。

また、最悪の場合セクハラで訴えられたり、警察に突き出されたりする。

きちんと「なごみ」が出来なければセックストライを行ってはいけない。

 

加えて、CフェーズとSフェーズは同日にクリアしないと取りこぼしが発生する。

 

せっかくなごんでいるのに、

次回以降にゲットを持ち越した場合、

女の子の気持ちが冷めてしまうので、またCフェーズから仕切り直しになる。

 

よって、Cフェーズをクリア出来ていないと判断したときはSフェーズへ移行してはならないし、

適切にCフェーズをクリアしたならば同日以内にSフェーズに移行するべきだ。

 

 

ACSモデルのまとめ

 

ACSモデルについてお分かりいただけたであろうか?

さらに詳しく知りたい人は「ぼく愛」を読んで欲しい。

読んだことのない人にとっては人生観を揺るがす一冊になっているに違いない。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぼくは愛を証明しようと思う。【電子書籍】[ 藤沢数希 ]
価格:496円 (2018/12/21時点)

楽天で購入

 

 

 

また、あらゆる対女性関係について、ACSモデルを意識することが大切だ。

女の子との距離感を測り間違えると、

セクハラになって訴えられたり、

友達フォルダに入って一生ゲットできなくなったりする。

 

女の子と楽しく過ごしたいならACSモデルを習得して欲しい。

 

では、今回はここまで!

また次回お会いしよう!!

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事