【音声&会話書き起こし】本屋ナンパでスレンダーOLを連れ出し

本屋(店内)ナンパ音声
南波

どうも、南波(@nanba_sp)です。

この記事では店内ナンパの一例として、

南波が実際に声かけした本屋ナンパの音声を公開したいと思います。

本記事の内容
  • 本屋ナンパの実際の音声を公開!
  • 本屋ナンパ成功のコツを解説

 

あなたは店内で、

可愛い女の子をナンパしたい

と思ったことはないだろうか?

 

ぼくはストリートナンパの他に、

本屋TUTAYAなどの店内でもナンパをしている。

 

可愛い女の子が店内にいたら、

あなたも声をかけてみたくならないだろうか?

 

店内ナンパの特徴や方法については別記事で書いた。

店内(本屋)ナンパを成功させる5つの方法を解説!~声かけから即まで~

2018年7月15日

 

本記事では、

本屋ナンパの音声

書き起こしと解説付きで公開する。

 

今回の音声を聞く際は

店内ナンパの方法
  1. 後ろから声かけは止めよう
  2. 店内ではお静かに
  3. 人目が少ない方が良い
  4. オープナー(声かけ内容)について
  5. トークは目の前のモノについて

を意識して聞いてもらいたい。

 

南波
では、恥ずかしいけど音声をどうぞ!

 

本屋ナンパ音声(書き起こし付き)

 

アプローチ前のイメージ

  • 恋愛エッセイコーナーで立ち読み
  • OL?女子大生?
  • 20台前半
  • スレンダー

 

以下、書き起こし

青:南波

ピンク:女の子

になる。

 

「こんばんは、店員さん?」

「あ……」

「あ、全然違う?」

「日本語の勉強したいんですけど、いい感じの本あります?」

 

 

南波

僕は店員のフリをするのではなく、店員さんですか?と聞きます(笑)

絶対に違いますという返答が来るので、次のトークがしやすい。

で、場合にもよりますが日本語の勉強したいと言い、

「まぁ、日本人なんですけど」とオチをつけます。

この日は最後の最後に言ったので、今日イチの爆笑をとれてます(笑)

この手法はナンパ師YASU(@yassan8888)さんのパクリですw

 

 

「日本語ですか?」

「うん、日本語」

「えぇ…?」

「まぁ、ないですか?お姉さんオススメなのはこのへんみたいな?(恋愛エッセイ本)」

「ww恥ずかしい」

「恋愛エッセイ?」

「ちょっと探してる本があって」

「今、何か悩んでるみたいな?ww彼氏に見切りをつける方法みたいな?w」

「いや」

「あ、違う違うんですか(笑)」

「ちょっと色々学ぼうかなと思って」

「何を学ぼうとしてたんですかw教えてくんない?」

「それはちょっと……(笑)」

「一瞬、一瞬教えてください!ちょっとだけ!」

「いやww」

「教えてくれない?いや、怖いですねぇ」

「怖いですよ?(笑)」

「なんかあれですよね?男をかどわかす術を学ぼうとしてたんですよね?」

「www違います」

 

ここで、ちょっといじりつつ

 

「こういう女の人に気をつけないとなぁ。」

「いや、そうですよ?」

「ね、こういう清純そうな汚れを知らなそうな人が実は一番チャラいっていう。」

「違います、違いますw騙されないようにしなきゃなと思って」

 

 

若干また上げて落とす。

そして、恋愛面のトークへと移行を試みた。

 

 

「あ、そうなんですか。なんかあったんすかw」

「色々あったんですよ」

「大変ですね」

だが、しかし女の子に切り返されてますので、一旦自己開示して答えることに。

 

「なんか大学の勉強とかですか?」

「いや僕普通にサラリーマンなんですけど、友達と飲もうって言ってて、この辺の近くまで来て、ドタキャンされるっていう」

「ごめんね今日行けないって言われるっていうねww で、本ちょっとこの辺で買って、帰って家で読んでよかなみたいな。悲しみの本屋ww」

 

「そういうことだったんですね」

「ここちょっと通った時に、熱心そうに読んでる人いるから」

「めっちゃ恥ずかしいな。恥ずかしいんですけど。」

「もうこれから帰るだけですかお姉さんは」

「いや、逆にこれ待ってるんですよ、友達を」

「この時間潰し的な感じで読んでみたいな?これですかもしかして?(不倫の本)」

「違いますwww」

「もしかして、今流行の?(笑)」

「いや、○○っていう(LINEの本)を読んでました」

※一部音声を修正してます。

「おー、今気になる彼がいる 彼氏がいる?」

「まぁ、まぁまぁ彼氏はいないですけど」

「これから?」

「どうやって落とそうかなって(笑) もう何?初対面の人に 何言ってんですかねww」

「おぉ、良い感じのやつありました?」

「いやわかんないです、全然。」

 

手にとって読んでみた。

 

「【Lesson1 あなたの LINE が下手なことを知ろう】」

「ww」

「ww」

「いやでも LINE でさー、 LINE でどうこうなんなくないですか?」

「なんないですよ。面白いなと思って読んでました」

「こういう女にならないようにしないとね」

「あーそうですね。引っかからないように気をつけた方が良いですよ。ちゃんと先に読んどいた方がいい」

「逆にね?でもLINEって男の人あんまりやんないじゃないですか?」

「そうですか?」

「逆にLINEめっちゃしてくる男って、気を付けた方がいい ですよ」

「まあ、でもそうですよね」

「俺の女の子の友達言ってたけど、こっち側が一つの話題ふってんのに三つくらいボンボンボンって言ってくるみたいな」

「それちょっと嫌ですね」

「気持ち悪いですよねww気になる彼はそんな感じじゃない?」

「じゃないですねww」

「あ、女子大生?」

「いや今社会人です」

「嘘?じゃ、共通点みたいな」

「そうですねww」

「共通点もうはや見つかっちゃいましたねw奇遇ですねぇ。」

「なかなか結構いますよね笑 50%ぐらい」

「ツッコミ…凄い鋭いツッコミw 絶対LINE 上手いですよね?(笑)」

 

 

南波

ストでもやりますが、女の子にツッコミを入れてもらえるような話しをして、

お互いの距離を縮めるようにしています。

 

 

「上手くないですw【うん】くらい返すタイプ」

「そういう冷たいやつ?」

「冷たいやつ」

「それだめなやつじゃないですか。彼脈ないなって思っちゃうやつじゃん。」

「でも、振られたんですよね。」

「ふられたの?」

「九州に行くんですよね。」

「九州に行っちゃう。彼氏が?」

「それで別れたんですよ」

「なるほどね…。じゃあ俺と LINE の練習します?」

「いや、いいwww」

「しない?」

「え、断られた」

「怖いですよ。どうしたんですか怖いですよ」

「面白いけど怖いです」

「だって、LINE下手そうじゃないですかw僕教えてあげますよww」

「これ読むんでww」

「いや、でも実践大事なんで。 俺もそんな LINE しないからわかんないですけどw」

 

本屋からカフェへ連れ出し打診を考える

 

この後の予定を聞いて、連れ出し出来ないか考えていた。

 

「何時から友達と?」

「ゼミの友達と遊ぶんですけど」

「何時に終わるかわかんないみたいな?」

「最初、8時に終わるみたいな感じだったんですけど、その前には会えそうなんですよね。」

「あぁそうなんですか。るほど、じゃあ、どっかコーヒー飲んで帰りましょう。」

「えww」

「僕、暇だからちょっと付き合ってくださいよ」

「いいですいいですwびっくりするww」

「まあ、俺もびっくりしたけどw(お姉さん)暇じゃないですか?」

「暇ですね」

「なんかほら、これ上(の階)にさ、カフェあるじゃん」

「そうなんですか」

「それで飲んで友達来たら帰る…」

「いや、本当にいいですよ。すぐ来たらじゃあさよならって なりますよ」

「うん、いいよいいよそれで。」

「あ、じゃぁいいですよ。」

「俺ももしかしたら…」

途中で帰るかもしれないと言って、へり下り過ぎないようにするつもりだったが…

 

「いいんですか?日本語の勉強」

「日本語の勉強ね、お姉さん行った後に俺日本語の勉強する参考書を買って帰るから」

「日本人じゃないんですか?」

「まあ、日本人なんですけど笑」

www

 

最初の「良い日本語の本」の下りが効いていて、二人で爆笑しながらカフェに向かった。

 

本屋ナンパのまとめ

 

本屋ナンパの雰囲気が伝わっただろうか?

 

では、今回はここまで!

また次回お会いしよう!!

 

あわせて読みたい

店内ナンパについてはこちらの記事へ!

店内(本屋)ナンパを成功させる5つの方法を解説!~声かけから即まで~

2018年7月15日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です