南波

どうも、アラサーナンパ師の南波(@nanba_sp)です。

この記事では「雨の日ナンパ」で使えるテクニックを解説します。

実は雨の日ってオープンしやすいのを知ってましたか?

 

    本記事の内容
    • 雨の日がオープンしやすい理由は?
    • 傘を使えばオープナーに困らない!

    あなたは雨の日もストリートナンパをやっているだろうか?

    おそらく、雨の日にわざわざ街に出てナンパしている人は極少数だと思う。

     

    多くの人は

    • 雨の日は女の子の反応が悪い
    • 女の子が歩いていない
    • 濡れるから
    • 風邪をひくから

     

    という固定観念に縛られ

    自分に言い訳して街に出ないのではないだろうか?

     

     

    だが、その気持ちは凄く良くわかる!

    だって、何を隠そう僕もそうだもんwww

     

    雨の日にナンパなんてかったるわ!

    わざわざ街出て女の子に声かけるとか尋常じゃないよな!

     

    でも、ちょっと考えてみて欲しい。

    ほとんどのナンパ師が雨の日には出撃しないとしたら、

    声をかけられている女の子もほとんどいない

    ということだ!

     

    これって、チャンスじゃないだろうか?

     

    女の子が声をかけられてない

    →沢山声をかけられてないからうんざりしてない

    反応が良い

     

    かもしれない。

    また、単純に競合相手がいないから、可愛い女の子が連れ出されずに一人で歩いてるかも。

     

    しかも、雨の日にはスーパーアイテム「」が使えるのだ。

     

    そこで今回は、

    雨の日=ナンパしない日という定説は本当なのか?

    考えてみた。

     

    実はこの傘って役立つアイテムだったりするんですよね!雨の日には出撃です!

     

     

    雨の日はナンパしない日?

     

    まず、雨の日には女の子の反応が悪いというのはどうだろうか?

     

    僕が雨の日にナンパした感触では「変わらない」である。

     

    確かに、豪雨とか台風で傘も飛びそうだ!服が捲れる!

    なんて時に声をかけたら「それどころじゃない!」と言われるかもしれない。

     

    しかし、小雨程度の雨の日であれば反応率に変わりはない。

     

    むしろ、雨の日や雪の日は

    共有スペース」が使えるので、会話を展開しやすい。

     

     

    共有スペースとは

    「目の前にあるもの」「髪型」「ファッション」など、女の子の身近にあるモノ・事柄を指します。

     

    天気を共有スペースにして、

    「今日は雨凄いですねー」とか

    「この時期に雪とかヤバくないですかw」とか

    女の子が瞬時に理解して、反応しやすい会話を展開できるのだ。

     

    また、地面の凍るような冬でも

    「今日、寒さエグくないですか?w」

    「めっちゃ滑ってるじゃん!大丈夫?」

    「地面凍ってるのにスイスイ歩く美人見つけて、つい声かけたw」

     

    などの声かけや会話を展開することで、女の子と和めることがある。

     

    雨の日も同様だ

     

    閑話休題

     

    このように天気気温はそれ自体が話題になるので、

    声かけ時にオープンしやすいし、

    寒いからちょっと温まろう」などと連れ出し時の口実にも出来る。

     

    また、雨の日は確かに人通りが少なくなることがあるので、

    人目が気になって地蔵してしまう人も女の子に声をかけやすい状況になると思う。

     

    結論、雨の日でもナンパは出来る

     

    雨の日ナンパのための傘という強力な武器

     

    あなたは傘を使ってナンパしたことがあるだろうか?

     

    最近は手ぶら男子が流行っているが、雨の日は傘を持って出た方が良い

     

    それはなぜかというと

    オープナーに使えるからである。

     

    読者さん
    え、傘を使って女の子に話かけるの?

     

    南波

    その通り。

    ナンパにおいて、傘は強力な武器でありオープナーになっちゃったりします。

     

    もう少し具体的に話そう、

    どうやってナンパで傘を使うのかである。

     

    傘をさしていない女の子にナンパする時

    雨が降っている時、傘を忘れて濡れている女の子がたまにいる。

     

    そんな女の子に傘をさしてあげながら、

    大丈夫?めっちゃ濡れてんじゃん!」と言うのだ。

     

     

    これだけ。

    マジでこれだけだ。

     

     

    こうやって言えば大抵オープンする。

     

    「大丈夫?」と優しく声かけすることで、相手への気遣いを見せられるし、

    「めっちゃ濡れてる」とやや大げさにいうと、女の子も自分の身なりが気になるから注意がこちらに向く。

     

    実は、可愛い女の子であればあるほど、自分の身だしなみに気をつけているので、

    髪や服が濡れてしまうのを気にする女の子が多い。

     

    女の子も濡れるのは嫌なので、

    困っている場合も多く、傘を差し出すと逆に感謝されることもある。

     

    このように傘を持っていれば、

    傘をさしていない女の子を見つけたら、

    何も考えずに声かけ出来るし、ガンシカもほぼないのでオススメだ。

     

    むしろ、傘をさしてもらってもガンシカするような子であればこちらからお断りしたい。

    そんな女の子であれば仮に連れ出しても良い気分にはならないだろうし、

    自分への食いつきは著しく低いので、損切りして次の女の子へアプローチした方が良い。

     

    傘というアイテムは

    強力なオープナーであるとともに、

    良い女の子のスクリーニングの役割も果たしてくれるのだ。

     

    傘をさしている女の子をナンパする時

     

    僕の場合、そのままいつも通りの声かけをするか、

    女の子の傘に特徴があればいじるようにしている。

     

    自分の傘が小さい時には

    お姉さんの傘大きくていいですね!僕のと交換しません?

    なんて言って笑わせているw

     

    また、

    素敵な傘っすね!どこのセレブかと思ったわぁ」

    とかもまぁまぁ良い。まぁまぁガンシカされるがww

     

    ただ、傘で相手の顔が見えないと、

    どうしても覗き込むような姿勢になってしまい、女の子を驚かせてしまうことがある。

     

    女の子を驚かせてしまうと声かけはほぼ失敗だ。

     

    適度な距離を保ちつつ、普段より大きめな声で声かけしよう。

     

    また、声かけ時はこれらに気をつけて欲しい。

     

    雨の日ナンパのまとめ

     

    さて、いかがだったろうか?

     

    この記事を読んで「雨の日も意外と悪くないじゃん」と思って貰えれば幸いだ。

     

    もちろん豪雨の時、台風の時は出撃しない方が懸命だと思う。

    だが、小雨くらいであれば自分の体もさして濡れずに済むし、むしろチャンスになる。

     

    雨の日は体の冷えすぎに注意しながら、傘を持って嬉々として街に繰り出したいものである。

     

     

     

     

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事